書籍

美人画の四季
― 松園、清方、恒富から麦僊まで

江戸期に花開き、近代とともに姿を消して行く美人画が最後の輝きを放つ大正から昭和初期。本書では、100余点の美人画を日本の美しい四季になぞらえて紹介します。日本女性の儚さ、内に秘めた強さをあでやかに表現し、いまなお多くの人々を魅了してやまない「美人画」。
松園、清方、深水をはじめとして、関西、江戸、金沢の画家を中心に収録しました。その妖艶優美なコレクションをお楽しみください。

おもな収録作家

上村松園、鏑木清方、伊東深水、北野恒富、島成園、甲斐庄楠音、岡本神草、梶原緋佐子、伊藤小坡、寺島紫明、村上華岳、菊池契月、北沢映月、中村貞以、広田多津、吉川観方、土田麦僊、横尾抱月、幸野楳嶺、など優品120点を収録

関連展示

『培広庵コレクション 華麗なる美人画展』
2016年2月20日(土)~4月10日(日) 佐川美術館
2016年4月28日(金)~6月19日(日)富山県水墨美術館
2017年7月26日(水)~9月4日(月)愛媛県美術館

□ 判型:B5
□ 総頁:180頁
□ 定価:2,415円(本体2,300円+消費税)
□ ISBN 978-4-86152-342-7 C0071
定価:2,300円+消費税

  • amazonで購入