展覧会企画

宮廷画家ルドゥーテとバラの物語

©︎コノサーズ・コレクション東京

18世紀、ルイ16世王妃マリー・アントワネットから「博物蒐集室付画家」に任命され植物画を描いたルドゥーテ。フランス革命後はナポレオン皇妃ジョセフィーヌがパトロンとなり、圧倒的な美しさを放つ作品を描き続けました。繊細で高貴な花々は、今もなお人々の心を捉えて話しません。本企画では、激動の時代を背景に、ルドゥーテの作品と人生をたどります。

コノサーズ・コレクション東京所蔵の代表作『バラ図譜』『美花選』などより約200点を展覧します。日本ルドゥーテ協会副代表理事中村美砂子氏他の協力のもと、バラを愛でる全ての方々の心に長く残る展覧会をめざします。

会場・会期

パラミタミュージアム
2020年4月2日(木)~5月24日(日)

八王子市夢美術館
2020年9月18日(金)~11月8日(日)

関連書籍

『宮廷画家ルドゥーテとバラの物語』
著者:中村美砂子 (社団法人日本ルドゥーテ協会副代表理事)
監修:コノサーズ・コレクション東京 奥延哲也